ゴミ箱

適当な事を適当に書く

ゼノブレイド2の感想

研究室の後輩に薦められてゼノブレイド2を買って、ストーリークリアしたので感想を書く。

久々のRPG(まともにやったのはたぶんFF5以来)だったけど素直に楽しめた。クリアタイムは70時間くらいで、ゼルダの伝説BotWが60時間でクリアしていたはずなので、だいたい同じ程度の時間ボリュームだと考えれば良さそう。

ネタバレは極力抑えて書くのでみんなもプレイしましょう。

 

www.nintendo.co.jp

ゲーム全体について。

全10章のストーリーから成っていて、基本はストーリーに従ってイベントを進めていくRPG。一般受けする感じではなくて、いわゆるオタク層に向いたゲームだと思う。話が進むに連れて行ける世界も広がっていくけど、どこも雄大な風景で歩いているだけで楽しい。継続のきっかけになったのは自分の場合はストーリーで、先が気になる展開だったので一気に駆け抜けられた。

難易度は決して低くないけど極端に難しくもない。難しさの理由はだいたいシステムのややこしさである。取っ付きづらい部分が多いけど、しばらくやっていると面白さが分かってくる、スルメゲーだと思う。

 

バトルシステムについて。

敵シンボルがフィールド上にいて、クロノトリガーみたいにシームレスで戦闘が開始する。オートアタックをしているパーティメンバーに的確な指示を与えて戦闘を優位に進めるタイプのシステムで、なかなか忙しい。というか画面の情報量がめちゃくちゃ多い。あと、6人のメンバーがずっと喋っているので音の情報量も多い。

最初のうちは立ち位置(背面特攻とか)を気をつけるくらいしかできることが無いけど、ブレイク→ダウン→ライジング→スマッシュというコンボを繋げていく意識から、必殺技の属性コンボを繋げていく意識、最終的には必殺技のコンボで相手に付与できる「属性玉」をキーにして、チェーンアタックで一気に沈めるという戦略に落ち着く。

この戦略にたどり着くのはだいたい5章の終わりで、ここのボスがそうでないとなかなか勝てない作りになっている。ここでどういうゲームか理解してからはかなり楽しかった。

 

ストーリー・キャラクターについて。

壮大なファンタジーでキャラクターもみんな個性があって良かった。最初にも書いたけど、先が気になるストーリー展開なので止めどころが難しくて睡眠不足がすごかった。最初出てきたイーラのメンバーを見て「FF4かな?」と思ったけど、彼らは野村哲也さんがデザインしたらしく納得。

個人的にはニアが好きです。主人公のレックスに秘密を明かすシーンでの爽やかなあのセリフが、清々しいんだけど実は悲しくてウウッ…てなりました(なんのこっちゃ分からない)。そりゃ彼女に勝てる要素が無いですからね…。その程度の表現に留めるのかな?と思ったら最終章とか能力の解禁条件とかで「あっ…」てなるものが多くて、うわあああとなりました。追加イベントで救ってやってくれ…と言いたいところだけど、バトル後のレックスとの会話聞いてると、たぶん彼も後になって真意を分かっているんですよね…

 

改良の余地がある点について。

カメラが若干不安定な気がしていて、何回か3D酔いした。特にトラの家の不安定さはすごい。

TIGER! TIGER! というミニゲームがあって、あるキャラクターの強化に必須な(繰り返しプレイを要する)ミニゲームなのだけど、これが結構難しい。レトロゲー好きな自分はハマったけど、苦痛に感じる人は多いかも…と思ったらイージーモードが追加された。

最終話、今までの戦略が通じないイベントが出てきて、しかも単純なレベル上げも困難という状態に陥るので詰む人が出てくるかもしれない。その割に、何回もあのイベントに挑戦するのが精神的に苦痛になるので結構つらい。

戦闘システムが難解な割にはチュートリアルは文章のみ、しかも1回しか見ることができない。属性コンボを繋げるのに必殺技レベルも上げていく必要がある、ということに気づくのに時間がかかった。ただ、一気に全要素を解禁せずシステムに慣れた頃合いで新しい要素を解禁していたのは、配慮されていると思った。

 

やりこみ要素が物凄いのでまだしばらくやってると思う。追加シナリオとか来たら買うつもり。

父と母とシューティングゲーム

ちょっと用事があって実家に戻っている.
ひょんなことから,母とシューティングゲームの話題になった.

父は昔ゼビウス(PCエンジン)が好きだった,という話はよく聞いていた.
あんまりやり過ぎるものだから,僕が生まれる前にPCエンジンは処分されたらしい.

「そういえば,ゼビウスの他にもう一つあったシューティングゲームが面白かった」と母が言った.
母もシューティングをプレイしていたのが意外で,どんなゲームだったか聞いてみた.

タイトルは思い出せない.縦シューティングで,ハチやトンボが出てきて,インベーダーのように上に敵がいるけどたまに降ってきて,ボーナスステージで敵が踊っている….
情報を元に探していると,ギャラガがヒットした.


PC Engine - Galaga '90 (ギャラガ'88)

動画を見始めると,母はすぐに「これこれ!」と喜んだ.
「拐われたのを助けたらパワーアップできるんよ.青いやつが後ろから襲ってくるのが難しい….ボーナスで音楽に合わせてハチが踊るのが可愛い….」
動画を進めても進めても話が尽きないので「結構上手かったんやな」と聞くと,「そんなに上手くなかったで」とのこと.父のプレイをよく見ていたらしい.
動画が終わり「そうか,ギャラガかぁ」と感慨に浸る母.
出会った頃の話を全くしない両親だが,その様子を見て25年前の父と母が目に浮かぶようだった.
僕にはシューターの血が流れていたのだなぁ,と認識し,少し嬉しくなった.

心の旋律のコード進行について

耳コピしてる時にふとコード進行を眺めているといろいろと勉強になったのでメモ.

雑な知識で雑なことを書くのでツッコミどころがあれば指摘をいただけるとありがたい.


【高音質】心の旋律【歌詞付き】

話題にするのは TARI TARI というアニメに登場する合唱曲.

本来はEメジャースケールだけど,分かりにくいのでCメジャースケールに転調した状態でコード進行を考える.

私が1番のみ耳コピした感じでは,以下のような進行になっている.
だいたい1拍ごとのコードを記述し,前拍と同じコードの場合 = と書く.

イントロ

C = = = | Am = = = | F = = = | G = = =

Aメロ

C = = = | Em = = = | F = G = | C = = = | F    = = = | Am = = = | Dsus4 = Dm = | C = G =
C = = = | Em = = = | F = G = | C = = = | Em = = = | Am = = = | Dm      = F    = | C = = =

つなぎ

C = = G

Bメロ

Am = = = | Em = = = | F = G = | F = C G | Am = = = | C = = = | B♭ = Am = | Gm = Gsus4 G

サビ

C = = = | Em = = = | Am7 = = = | C        =    = = | F = G7 = | Em = Am = | Dm = =    = | D7sus4 = G        Gadd9 |
C = = = | Em = = = | Am  = = = | Esus4 Em = = | F = =    = | D    = =    = | C    = Am = | Dm        = Dsus4 =

 

このままではまだ良くわからないので,sus4とかセブンスとかは取っ払った上で,代理コードをトニック(C)・ドミナント(G)・サブドミナント(F)に置き換えていく.

イントロ

C = = = | C = = = | F = = = | G = = =

Aメロ

C = = = | C = = = | F = G = | C = = = | F = = = | C = = = | F = = = | C = G =
C = = = | C = = = | F = G = | C = = = | C = = = | C = = = | F = = = | C = = =

つなぎ

C = = G

Bメロ

C = = = | C = = = | F = G = | F = C G | C = = = | C = = = | B♭ = C = | Gm = C =

サビ

C = = = | C = = = | C = = = | C = = = | F = G = | C = = = | F = = = | F = G = |
C = = = | C = = = | C = = = | C = = = | F = =  = | D = = = | C = = = | F = = =

 

こうしてみると,ほとんどが (Ⅳ →) Ⅴ → Ⅰ や Ⅳ → Ⅰ で構成されており分かりやすい.ドミナントモーションとその仲間たちという感じ.

ところが,Bメロのラスト2小節とサビの最後から3小節目に,Cメジャースケールのダイアトニックコードに含まれないコードが出現する.耳で聞いた感じ,なんだか転調しているような雰囲気がある.

なぜ違和感のない部分転調になっているのだろうか.実は,この2箇所には別々のテクニックが使われている.

同主調転調

まず,Bメロの B♭ Am Gm Gsus4 という動きについて.

ここには同主調転調が用いられている.同主調とは,同じトニックを持つ主調とは異なる種類の調である.たとえば,Cメジャースケールの同主調はCマイナースケールとなる.

同主調は主調と相性が良いため,同主調のダイアトニックコードからコードを借りてきてもいい感じに馴染む.

Cメジャースケールのダイアトニックコードは C Dm Em F G Am Bm,Cマイナースケールのダイアトニックコードは Cm Dm E♭ Fm Gm A♭ B♭ となる.Bメロラストに現れる B♭ と Gm同主調から借りられたものであった.

ただ,ちょっと納得行ってないのが間に挟まってる Am である.この2小節はマイナースケールになっているはずなのだが,コイツはメジャースケールから出てくるコードである.むむむ?

ドッペルドミナント

次に,サビのラスト3小節目の D について.

こいつはドッペルドミナントというやつで,あまりにもよく使われるのでもはや転調扱いしないらしい.

ドッペルドミナントとは,属調ドミナントのことである.属調とは,主調のドミナントをトニックとする同種の調のこと.つまり,Cメジャースケールの属調はGメジャースケールとなる.Gメジャースケールのドミナントは D なのでCメジャースケールとも馴染むということであった.

理屈で考えると D G C という動きが自然な気がするが,この曲を見ると D C という動きでも大丈夫のようだ.

ざっと調べた感じ,ドッペルドミナントは安心感を与えるコードとか言われている.たしかにコイツ単体だと不穏な感じだけどその後にトニックが来ると「めでたし,めでたし」感がある.

 

ちなみに,同主調属調平行調(同じダイアトニックコードを持つ主調とは異なる調)・下属調(サブドミナントをトニックとする同種の調)をまとめて主調の近親調というらしい.近親調は主調と相性が良いので,ちょっとくらい紛れていてもそこまで違和感が無いという雑な理解である.

参考文献

部分転調 | ギター講座 上級 | ギター講座オンライン

【上級者向け】借用和音【理論と用法】 | Creators-House-LABO | Creators-House-LABO

稲荷山に登った日記

最近ツイてないことが多かったので、10月31日に伏見稲荷大社へ行くことにした。 この前、ヒストリアで伏見稲荷大社の特集をやっていたので、ついでに山頂まで登り切ってみることを決意。何回も行ってる割には、千本鳥居途中の2本道が分かれるところでいつも引き返していたので。

f:id:okabi13:20151031125514j:plain

道中、伏見庵で昼ご飯を食べる。浪人時代以来の蕎麦湯を飲んだ。美味しい。

表参道からシュシュッと進んで、千本鳥居をくぐっていく。ここの写真は飽きるほど撮ったことがあるので割愛。

f:id:okabi13:20151031135829j:plain

伏見稲荷大社の面白いのは、ちょっと登る度に休憩所が見えるところ。建物自体が時代に取り残された感じがあって、これを眺めるだけでも楽しい。 登るにつれて、あんなに多かった観光客の影が疎らになる。

f:id:okabi13:20151031140450j:plain

これは半分くらい登ったところの風景だったかな?絶好の登山日和でした。

f:id:okabi13:20151031141611j:plain

個人的に好きだった景色。稲荷大社は奥地まで千本鳥居が続いているのだけど、奥に行くにつれて神秘性が増していくのが良い。

f:id:okabi13:20151031142626j:plain

麓から一時間ちょっとで山頂に到着~。 山頂からは景色が見えないし、道中と同じように休憩所がある程度なので「えっ、これが山頂?」ってなった。

f:id:okabi13:20151031143327j:plain

山頂に鎮座するのは、末廣大神。そう、登るにつれて「末廣」っていう字を多く見かけるようになった。「稲荷大神」じゃないのなんでなんだろ。 ちょうど良い小銭が無かったので、100円を入れておいた。もうちょっと運が向いてきますように。 帰りはもう片方の登山ルートを下った。膝がガクガクになった。 途中、無料おみくじを見つけたので引いたら大大吉だった。うおー。

麓まで下りて、どこかで休憩しようと思ったけど、気付いたら京阪の駅まで戻っていたのでそのまま帰って、銀閣寺道近くのケーキ屋でお茶した。 良い一日だった。

その次の日、洗濯機が壊れた。

自転車盗られた日記

金曜日にJKで昼ごはんを食べていたら,京都市に自転車を持って行かれた.
一回生の時に中古で買ったのだけど,「持って2年ですよ」と言われて3年半持った.何回かゴミと間違われて捨てられそうになったほどボロかったけど,とりあえず使用に耐える形で今日まで頑張ってくれた.サドルボロボロでお尻痛かったけど.
取りに行くのももうアレなので,新しい自転車を同じ店で買った.中古が無かったので今回は新品.「一番安いのをお願いします」って言って買ったけど,11kくらいした.自転車ってこんなに高かったかな….
非常に個性のない見た目だったので,凡庸くんと名付けた.

7月が終わった日記

いつの間にか日記つけるのを忘れていたので,7月下旬の振り返りとか纏めてやる.

月末に誕生日を迎えた.23歳になった.
同居人にクリームとフルーツのケーキを作ってもらった.美味しかった.
あと,その次の日にちょっと良い牛肉とグラタンスープ的なものを作ってもらった.これも美味しかった.

気づけば院試まであと4日.7月末はそこそこ勉強してたと思う.というか,勉強すればするほど余計な粗が見えてくるので,もう明日院試でも良い.精神に良くない.
6年分の過去問をやったが,4・5年前の難易度は異常だと思う.それ以外はまぁ行けるかなぁ,という感じだった.
知識量は殆ど差がないだろうし,後は本番で凡ミスをどれだけ減らせるか,だと思う.
情報理論は通信路容量が来たら捨てる.

今日は39度近くまで気温が上がったらしい.僕が入れてるアプリでは40度予想,体感温度46度とか出てた.狂ってる.
真夜中にもセミが鳴いてるのは世界の終末感がある.